小さな幸せキャンペーン開始!その1

 

おはこんにちばんわ!

「誰もが幸せにしかならない生き方」ライフコーチ

幸せ植人® 高島哲也です。

 

皆さん、

 

『こころのチキンスープ』

って本

 

 

ご存知ですか?

結構有名な世界的な大ベストセラーですから

ご存知の方も多いと思います。

こころのチキンスープ

アメリカの

ジャック・キャンフィールドと

マーク・V・ハンセン共著の

本なんですが、

心がホッとしたり、

思わず目頭が熱くなったり

感動したりするような

ごく短編のお話が

沢山書かれていて

どのストーリーも

幸せな気分になれます。

 

世界的なベストセラーである

この本のことを、

私も良く知ってはいたのですが、

実は読んだことがなくて、

いつか読みたいなと思っていながら、

そのまま忘れて何年も過ぎていました。

 

そんな一昨日

普段、いつもは素通りする古本屋に

なぜか引き寄せられるように入って

それとなく本棚を見て歩いていると

 

『こころのチキンスープ』

 

これもなぜか一番最初に目に留まりました。

「あっ、これ読みたかった本だ」って

ビビッときました。

 

さっそく、手に取って

前書きや目次を飛び越えて

短編を読んでみました。

最初のストーリーの

「子犬と男の子」から

慈しみのホルモンの

オキシトシンが溢れるような

話で、感動しました。

 

これ買わなきゃと思って握りしめて、

せっかくなので、

他にも面白そうな本があったので、

ついでに2冊を合わせて

買って帰りました。

 

早速読み始めましたが、

感心したり、

幸せな気持ちになったり、

感動の連続でした。

 

そしてふと思ったのです。

こんなにホントに短いお話なのに、

 

与える幸せのパワーの凄さを・・・・

与える

与えることの素晴らしさを

痛切に感じて、

目頭も熱くなってきました。

 

ライフコーチとして、幸せ植人として

幸せを創造し続けることを

ビジネスとして選択し、活動している

このタイミング、

この絶妙なタイミングで

この本と出合わせてもらえたことに

ホント感謝です。

 

今だからこそ

私の心にこれ程響くのだと思います。

 

そしてこの本は

教えてくれました。

 

幸せを与えることはなにも

大げさなことをする必要がないことを・・・

 

日常のチョットした小さなことが

チョットずつ広がっていくことにもなって、

それがいつかその地域、

その国、

そして世界へと広まる可能性も

ゼロではないのです。

 

この本のショートストーリーの中の

ひとつの話に感銘を受けて、

早速、

≪小さな幸せキャンペーン≫

 

一人静かに始めることにしました。

ちょっと前置きが長くなりましたので、

その肝心な中身は

次回のブログで紹介します。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

貴方の人生が愛と光で輝くものとなりますように🌹

 

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

四つ葉のクローバーの4つの葉っぱの意味

希望、誠実、愛情、幸運

どれもエネルギーが高い素敵な言葉です。

 

♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦

私の事や「誰もが幸せにしかならない生き方」についてはこのサイト内の

ようこそ!もう大丈夫ですよ(←タップ)

のページを見ていただければ幸いです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中