不平不満のマイナス感情を「感謝」等のプラス言葉で無理やり抑え、フタしていませんか?

 

おはこんにちばんわ!

「誰もが幸せにしかならない生き方」ライフコーチ

幸せ植人® 高島哲也です。

 

先日私の知人と話をしていて

次のような話となりました。

 

その人は転職してまだ1年未満ですが、

職場での自分の受け持ちが

とても忙しくそれでも

何とか自分のやり方を

工夫したりしてやり繰り

していましたが、

幸いにも経験のある先輩が

手伝ってくれる状況になり、

随分と楽になったそうです。

 

でも・・・・・・っと

その人は話を続けます。

 

楽にはなったのですが、

その先輩のやり方が

自分が積み上げて来たやり方と

全く違うので

その人としては

せっかく自分が工夫してきた

そのやり方が否定されたような

自分の居場所が無くなったような

寂しい感情を抑えられなかった

ということです。

 

寂しい

その人は話の中で、

その先輩に対して

「すごく感謝している」

という表現を何度も

繰り返していました。

 

自分の居場所がなくなったような

寂しい感情はあるけでも

感謝はしている

 

この二つの気持ちの

折り合いが

どうにもついていないようでした。

 

そして、結局のところ

寂しいという

マイナス感情

を「その先輩には感謝しているから」

と自分にも言い聞かせて

感謝という

プラス言葉

でフタをしていることで

納得しようとしているのでした。

 

貴方はこの話を聴いて

こういうこと

自分にもあるかもと思った人

ではないですか?

 

不平不満のマイナス感情を

「感謝」とか

「愛」とか

「幸せ」といった

プラス言葉で

無理やりフタをすることって

ありませんか?

 

フタをしても

意外とこのマイナス感情は

残り火のように

残っているのです。

 

キャンプファイヤー

なぜかというと

その感情をしっかり

受け止めていないまま

フタをしようとするからです。

 

ここから大事なことを言います。

「自分が感じたことを受け入れる」

まずはそのまま受け入れましょう。

 

『あ~、今自分は、

寂しいと感じているんだなあ。』

そして

『そう感じている自分を

受け入れよう。』

そしてもう一歩進んで

『そう感じてしまう自分が

このことで気づくこと

成長できることは

何なのだろうか?』

こういうのを心理学では

自己受容

と言いますが、

これができると

次のような考えが

浮かぶかもしれません。

『自分の工夫したやり方に

固執していた自分の

傲慢さに気づいた。

先輩のやり方に学ぶことで

自分のやり方もより良くなる。

ヨカッタ。有難い。』

通じ合う

この気持ちからの

感謝だったら

心の残り火は全く無く

純粋な感謝の気持ちです。

 

マイナスの感情を

感じた時はまず、

ありのまま受け入れる

自己受容を思い出して下さい。

 

実はこの不平不満の

心の残り火を

軽く考えていると

とんでもないことに

なることを

次回のブログで

お話します。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

貴方の人生が愛と光で輝くものとなりますように🌹

 

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

四つ葉のクローバーの4つの葉っぱの意味

希望、誠実、愛情、幸運

どれもエネルギーが高い素敵な言葉です。

 

♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦

私の事や「誰もが幸せにしかならない生き方」についてはこのサイト内の

ようこそ!もう大丈夫ですよ(←タップ)

のページを見ていただければ幸いです。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中